業者の情報

連絡先
0363713949 03-6371-3949

業者名
Amazon相談窓口

メール内容

総合サイトご登録履歴があり未納料金が発生しております。本日ご連絡なき場合法的手続きに移行します。Amazon相談窓口0363713949

最近、上記の口コミが非常に増えてます。


コメント
最近お問合せの多い(Amazon)を名乗るSMSメールの新しい番号です!
大手通販会社のAmazonとは関係無いアダルトサイトの請求業者が送信しているショートメールとなるので届いても焦って連絡しないようにして下さいね。
 



 
アダルトサイトの広告が消えない、
電話をかけてほしいというメッセージボックスが消えない、
いきなり登録完了になり料金を請求されたなどなど、
いろんな詐欺被害に遭われる人たちはあとを絶ちません。

当ブログでは、上記のような被害のあった不当請求を行う業者を公開してまいります。

最近では、債権回収代行業者を名乗る業者が増えてきました。
アダルトサイト、出会い系サイト、総合情報サイトなどと名乗る複数のサイトから債権を譲り受けたと称し、多額の金銭支払いを要求してくるケースが急増しています。
曖昧な対応をとってしまったり一度でも支払いに応じると、次から次へと執拗に金銭を要求されます。
また、最近では職印や号証のハンコの画像を悪用し、裁判所や弁護士を装って請求するなど、手口が巧妙になってきています。


下記、実際にあったご相談の事例を交えて説明していきます。


【ハガキ・封筒が届いた場合】
裁判所の通知を装ってハガキや封筒で請求を行うパターンも増えています。
支払い催促や訴状の場合、実際の裁判所のものなのか判別のつきにくいものもあり、本当の裁判所からの通知なのか確認する必要があります。
ただし、届いた書面に書いてある番号に連絡は絶対にしてはいけません。


【ワン切りに折り返したらすでに名前を把握されていた】
知らない番号から着信履歴が残っていたことはありませんか?
その番号が実は架空請求の番号であったりします。
着信履歴を残し、折り返すと自動音声が流れるのです。
「動画管理センター」「債権回収業者」等を名乗り、ガイダンスにしたがって番号を押すと業者と繋がります。
基本的には「お調べするので番号・名前・生年月日を教えてください」と言われてまた折り返しを待つことになるのですが、偽名を伝えたはずなのに業者が本名を知っていた、というケースもあるようです。


【クレジットカード支払いの罠】
基本的に悪質な業者の特徴として、支払いを現金書留で行っていたり、アマゾンギフトカードを購入してそのコードを教えるという手法をとっていたり等、通常の支払い方法とは違う金銭の要求をしてきます。
ここで気付いて支払いをしないのであれば問題はないですが、中には普通に口座を持っていたり、クレジットカード決済ができるケースも非常に多くあります。
その場合はカード決済業者とグルであるケースも多く、そこでカード情報を相手に渡してしまうことになります。
怪しいサイトではカード支払いをしないようにしましょう。
また、業者は何としてでも支払いをさせようと迫ってきます。
そのため絶対に連絡してはいけません。

お金を払ってしまった、変な請求を受けてしまった、連絡してしまった、どうしていいのかわからない、そんなお悩みを持った方に朗報です!
Settle株式会社という会社では、無料で相談を行っていて、さまざまな問題を解決してきたプロフェッショナルな企業です。
中には何百万という支払う必要のないお金を振り込ませずに済んだ実績も数多くあるようです。
もしお困りの方がいたら、とりあえず相談してみるのも手段の一つかと思います。

【PR広告】

無料相談窓口はコチラ!
banner


※未成年者の方へ
未成年者の方は、民事上、契約の無効を主張することができます。
未成年が法定代理人(親権者)の同意を得ずに行った契約は、原則として取消が可能であり、インターネット取引の場合も同様です。
そのため、悪質な業者には未成年であることを伝え、一方的に電話を切って頂いて構いません。
親に代われ等と言われますが、代わる必要もないです。

業者の情報

連絡先
0120775552 0120-775-552

業者名
GMOを名乗る
 

メール内容


<<情報提供募集中>>


最近、上記の口コミが非常に増えてます。


一言コメント
不当な請求をされたとお問合せが有った業者のSMSメールに記載されている番号です!
悪質なアダルトサイトの請求業者となるのでご注意下さい。
既に連絡された場合は相談スタッフまでご相談下さいね!!



 
アダルトサイトの広告が消えない、
電話をかけてほしいというメッセージボックスが消えない、
いきなり登録完了になり料金を請求されたなどなど、
いろんな詐欺被害に遭われる人たちはあとを絶ちません。

当ブログでは、上記のような被害のあった不当請求を行う業者を公開してまいります。

最近では、債権回収代行業者を名乗る業者が増えてきました。
アダルトサイト、出会い系サイト、総合情報サイトなどと名乗る複数のサイトから債権を譲り受けたと称し、多額の金銭支払いを要求してくるケースが急増しています。
曖昧な対応をとってしまったり一度でも支払いに応じると、次から次へと執拗に金銭を要求されます。
また、最近では職印や号証のハンコの画像を悪用し、裁判所や弁護士を装って請求するなど、手口が巧妙になってきています。


下記、実際にあったご相談の事例を交えて説明していきます。


【ハガキ・封筒が届いた場合】
裁判所の通知を装ってハガキや封筒で請求を行うパターンも増えています。
支払い催促や訴状の場合、実際の裁判所のものなのか判別のつきにくいものもあり、本当の裁判所からの通知なのか確認する必要があります。
ただし、届いた書面に書いてある番号に連絡は絶対にしてはいけません。


【ワン切りに折り返したらすでに名前を把握されていた】
知らない番号から着信履歴が残っていたことはありませんか?
その番号が実は架空請求の番号であったりします。
着信履歴を残し、折り返すと自動音声が流れるのです。
「動画管理センター」「債権回収業者」等を名乗り、ガイダンスにしたがって番号を押すと業者と繋がります。
基本的には「お調べするので番号・名前・生年月日を教えてください」と言われてまた折り返しを待つことになるのですが、偽名を伝えたはずなのに業者が本名を知っていた、というケースもあるようです。


【クレジットカード支払いの罠】
基本的に悪質な業者の特徴として、支払いを現金書留で行っていたり、アマゾンギフトカードを購入してそのコードを教えるという手法をとっていたり等、通常の支払い方法とは違う金銭の要求をしてきます。
ここで気付いて支払いをしないのであれば問題はないですが、中には普通に口座を持っていたり、クレジットカード決済ができるケースも非常に多くあります。
その場合はカード決済業者とグルであるケースも多く、そこでカード情報を相手に渡してしまうことになります。
怪しいサイトではカード支払いをしないようにしましょう。
また、業者は何としてでも支払いをさせようと迫ってきます。
そのため絶対に連絡してはいけません。

お金を払ってしまった、変な請求を受けてしまった、連絡してしまった、どうしていいのかわからない、そんなお悩みを持った方に朗報です!
Settle株式会社という会社では、無料で相談を行っていて、さまざまな問題を解決してきたプロフェッショナルな企業です。
中には何百万という支払う必要のないお金を振り込ませずに済んだ実績も数多くあるようです。
もしお困りの方がいたら、とりあえず相談してみるのも手段の一つかと思います。

【PR広告】

無料相談窓口はコチラ!
banner


※未成年者の方へ
未成年者の方は、民事上、契約の無効を主張することができます。
未成年が法定代理人(親権者)の同意を得ずに行った契約は、原則として取消が可能であり、インターネット取引の場合も同様です。
そのため、悪質な業者には未成年であることを伝え、一方的に電話を切って頂いて構いません。
親に代われ等と言われますが、代わる必要もないです。

業者の情報

連絡先
0363711467 03-6371-1467

業者名
情報提供募集中
 

メール内容


<<情報提供募集中>>


最近、上記の口コミが非常に増えてます。


一言コメント
有料動画サイトの閲覧とSMSメールに記載されている連絡先番号です!
不当なアダルトサイトの請求業者となるので連絡厳禁ですよ。
詳しい詳細が判明しだい追記していくので皆さんご注意下さいね。




 
アダルトサイトの広告が消えない、
電話をかけてほしいというメッセージボックスが消えない、
いきなり登録完了になり料金を請求されたなどなど、
いろんな詐欺被害に遭われる人たちはあとを絶ちません。

当ブログでは、上記のような被害のあった不当請求を行う業者を公開してまいります。

最近では、債権回収代行業者を名乗る業者が増えてきました。
アダルトサイト、出会い系サイト、総合情報サイトなどと名乗る複数のサイトから債権を譲り受けたと称し、多額の金銭支払いを要求してくるケースが急増しています。
曖昧な対応をとってしまったり一度でも支払いに応じると、次から次へと執拗に金銭を要求されます。
また、最近では職印や号証のハンコの画像を悪用し、裁判所や弁護士を装って請求するなど、手口が巧妙になってきています。


下記、実際にあったご相談の事例を交えて説明していきます。


【ハガキ・封筒が届いた場合】
裁判所の通知を装ってハガキや封筒で請求を行うパターンも増えています。
支払い催促や訴状の場合、実際の裁判所のものなのか判別のつきにくいものもあり、本当の裁判所からの通知なのか確認する必要があります。
ただし、届いた書面に書いてある番号に連絡は絶対にしてはいけません。


【ワン切りに折り返したらすでに名前を把握されていた】
知らない番号から着信履歴が残っていたことはありませんか?
その番号が実は架空請求の番号であったりします。
着信履歴を残し、折り返すと自動音声が流れるのです。
「動画管理センター」「債権回収業者」等を名乗り、ガイダンスにしたがって番号を押すと業者と繋がります。
基本的には「お調べするので番号・名前・生年月日を教えてください」と言われてまた折り返しを待つことになるのですが、偽名を伝えたはずなのに業者が本名を知っていた、というケースもあるようです。


【クレジットカード支払いの罠】
基本的に悪質な業者の特徴として、支払いを現金書留で行っていたり、アマゾンギフトカードを購入してそのコードを教えるという手法をとっていたり等、通常の支払い方法とは違う金銭の要求をしてきます。
ここで気付いて支払いをしないのであれば問題はないですが、中には普通に口座を持っていたり、クレジットカード決済ができるケースも非常に多くあります。
その場合はカード決済業者とグルであるケースも多く、そこでカード情報を相手に渡してしまうことになります。
怪しいサイトではカード支払いをしないようにしましょう。
また、業者は何としてでも支払いをさせようと迫ってきます。
そのため絶対に連絡してはいけません。

お金を払ってしまった、変な請求を受けてしまった、連絡してしまった、どうしていいのかわからない、そんなお悩みを持った方に朗報です!
Settle株式会社という会社では、無料で相談を行っていて、さまざまな問題を解決してきたプロフェッショナルな企業です。
中には何百万という支払う必要のないお金を振り込ませずに済んだ実績も数多くあるようです。
もしお困りの方がいたら、とりあえず相談してみるのも手段の一つかと思います。

【PR広告】

無料相談窓口はコチラ!
banner


※未成年者の方へ
未成年者の方は、民事上、契約の無効を主張することができます。
未成年が法定代理人(親権者)の同意を得ずに行った契約は、原則として取消が可能であり、インターネット取引の場合も同様です。
そのため、悪質な業者には未成年であることを伝え、一方的に電話を切って頂いて構いません。
親に代われ等と言われますが、代わる必要もないです。

↑このページのトップヘ