業者の情報

連絡先
0359246120 03-5924-6120

業者名
アマゾンサポートセンター

メール内容

情報サイト利用履歴があり未払債権が発生中。本日連絡なき場合、身辺調査及び法的措置に移行します。アマゾンサポートセンター0359246120


最近、上記の口コミが非常に増えてます。


コメント
未払債権が発生!?とSMSメールにご注意下さい。
上記はアダルトサイトの請求業者となります。
料金を払わないと裁判通知を自宅に送ると請求をしているみたいなので連絡しないで下さいね!




 
アダルトサイトの広告が消えない、
電話をかけてほしいというメッセージボックスが消えない、
いきなり登録完了になり料金を請求されたなどなど、
いろんな詐欺被害に遭われる人たちはあとを絶ちません。

当ブログでは、上記のような被害のあった不当請求を行う業者を公開してまいります。

最近では、債権回収代行業者を名乗る業者が増えてきました。
アダルトサイト、出会い系サイト、総合情報サイトなどと名乗る複数のサイトから債権を譲り受けたと称し、多額の金銭支払いを要求してくるケースが急増しています。
曖昧な対応をとってしまったり一度でも支払いに応じると、次から次へと執拗に金銭を要求されます。
また、最近では職印や号証のハンコの画像を悪用し、裁判所や弁護士を装って請求するなど、手口が巧妙になってきています。


下記、実際にあったご相談の事例を交えて説明していきます。


【ハガキ・封筒が届いた場合】
裁判所の通知を装ってハガキや封筒で請求を行うパターンも増えています。
支払い催促や訴状の場合、実際の裁判所のものなのか判別のつきにくいものもあり、本当の裁判所からの通知なのか確認する必要があります。
ただし、届いた書面に書いてある番号に連絡は絶対にしてはいけません。


【ワン切りに折り返したらすでに名前を把握されていた】
知らない番号から着信履歴が残っていたことはありませんか?
その番号が実は架空請求の番号であったりします。
着信履歴を残し、折り返すと自動音声が流れるのです。
「動画管理センター」「債権回収業者」等を名乗り、ガイダンスにしたがって番号を押すと業者と繋がります。
基本的には「お調べするので番号・名前・生年月日を教えてください」と言われてまた折り返しを待つことになるのですが、偽名を伝えたはずなのに業者が本名を知っていた、というケースもあるようです。


【クレジットカード支払いの罠】
基本的に悪質な業者の特徴として、支払いを現金書留で行っていたり、アマゾンギフトカードを購入してそのコードを教えるという手法をとっていたり等、通常の支払い方法とは違う金銭の要求をしてきます。
ここで気付いて支払いをしないのであれば問題はないですが、中には普通に口座を持っていたり、クレジットカード決済ができるケースも非常に多くあります。
その場合はカード決済業者とグルであるケースも多く、そこでカード情報を相手に渡してしまうことになります。
怪しいサイトではカード支払いをしないようにしましょう。
また、業者は何としてでも支払いをさせようと迫ってきます。
そのため絶対に連絡してはいけません。

お金を払ってしまった、変な請求を受けてしまった、連絡してしまった、どうしていいのかわからない、そんなお悩みを持った方に朗報です!
Settle株式会社という会社では、無料で相談を行っていて、さまざまな問題を解決してきたプロフェッショナルな企業です。
中には何百万という支払う必要のないお金を振り込ませずに済んだ実績も数多くあるようです。
もしお困りの方がいたら、とりあえず相談してみるのも手段の一つかと思います。

【PR広告】

無料相談窓口はコチラ!
banner


※未成年者の方へ
未成年者の方は、民事上、契約の無効を主張することができます。
未成年が法定代理人(親権者)の同意を得ずに行った契約は、原則として取消が可能であり、インターネット取引の場合も同様です。
そのため、悪質な業者には未成年であることを伝え、一方的に電話を切って頂いて構いません。
親に代われ等と言われますが、代わる必要もないです。

業者の情報

連絡先
0359246399 03-5924-6399

業者名
アマゾンを名乗る

メール内容


<<情報提供募集中>>


最近、上記の口コミが非常に増えてます。


コメント
怪しいSMSメールが届いたとお問合せの有った番号です!
上記のショートメールにご注意下さい。
不当なアダルトサイト請求業者の可能性がありますよ!!





 
アダルトサイトの広告が消えない、
電話をかけてほしいというメッセージボックスが消えない、
いきなり登録完了になり料金を請求されたなどなど、
いろんな詐欺被害に遭われる人たちはあとを絶ちません。

当ブログでは、上記のような被害のあった不当請求を行う業者を公開してまいります。

最近では、債権回収代行業者を名乗る業者が増えてきました。
アダルトサイト、出会い系サイト、総合情報サイトなどと名乗る複数のサイトから債権を譲り受けたと称し、多額の金銭支払いを要求してくるケースが急増しています。
曖昧な対応をとってしまったり一度でも支払いに応じると、次から次へと執拗に金銭を要求されます。
また、最近では職印や号証のハンコの画像を悪用し、裁判所や弁護士を装って請求するなど、手口が巧妙になってきています。


下記、実際にあったご相談の事例を交えて説明していきます。


【ハガキ・封筒が届いた場合】
裁判所の通知を装ってハガキや封筒で請求を行うパターンも増えています。
支払い催促や訴状の場合、実際の裁判所のものなのか判別のつきにくいものもあり、本当の裁判所からの通知なのか確認する必要があります。
ただし、届いた書面に書いてある番号に連絡は絶対にしてはいけません。


【ワン切りに折り返したらすでに名前を把握されていた】
知らない番号から着信履歴が残っていたことはありませんか?
その番号が実は架空請求の番号であったりします。
着信履歴を残し、折り返すと自動音声が流れるのです。
「動画管理センター」「債権回収業者」等を名乗り、ガイダンスにしたがって番号を押すと業者と繋がります。
基本的には「お調べするので番号・名前・生年月日を教えてください」と言われてまた折り返しを待つことになるのですが、偽名を伝えたはずなのに業者が本名を知っていた、というケースもあるようです。


【クレジットカード支払いの罠】
基本的に悪質な業者の特徴として、支払いを現金書留で行っていたり、アマゾンギフトカードを購入してそのコードを教えるという手法をとっていたり等、通常の支払い方法とは違う金銭の要求をしてきます。
ここで気付いて支払いをしないのであれば問題はないですが、中には普通に口座を持っていたり、クレジットカード決済ができるケースも非常に多くあります。
その場合はカード決済業者とグルであるケースも多く、そこでカード情報を相手に渡してしまうことになります。
怪しいサイトではカード支払いをしないようにしましょう。
また、業者は何としてでも支払いをさせようと迫ってきます。
そのため絶対に連絡してはいけません。

お金を払ってしまった、変な請求を受けてしまった、連絡してしまった、どうしていいのかわからない、そんなお悩みを持った方に朗報です!
Settle株式会社という会社では、無料で相談を行っていて、さまざまな問題を解決してきたプロフェッショナルな企業です。
中には何百万という支払う必要のないお金を振り込ませずに済んだ実績も数多くあるようです。
もしお困りの方がいたら、とりあえず相談してみるのも手段の一つかと思います。

【PR広告】

無料相談窓口はコチラ!
banner


※未成年者の方へ
未成年者の方は、民事上、契約の無効を主張することができます。
未成年が法定代理人(親権者)の同意を得ずに行った契約は、原則として取消が可能であり、インターネット取引の場合も同様です。
そのため、悪質な業者には未成年であることを伝え、一方的に電話を切って頂いて構いません。
親に代われ等と言われますが、代わる必要もないです。

業者の情報

連絡先
0364526813 03-6452-6813

業者名
太田合同調査事務所 

メール内容

お支払いが未払いではないでしょうか?
太田合同調査事務所
03-6452-6813
(12:00~19:00 非通知不可)
担当
こちらは有料サイト運営会社様より、ご利用料金回収及び身辺調査の依頼を受けご連絡させていただきました、太田合同調査事務所と申します。
サイト運営会社様のお話ですと、こちらのメールを受信された携帯電話から、有料サイトへのアクセスがあり、ご利用料金が未払いで、今現在も料金が発生し続けているとのことです。
この件に身に覚えがない場合、何かの間違いだと思われますので、お支払いただく必要はございませんが、その場合でも、その旨ご連絡いただき、登録抹消の手続きだけは必ず行わなければなりませんし、このままご連絡がなく放置されますと、携帯電話の名義人に対し、民法415条による損害賠償請求訴訟の裁判になってしまいます。
そうなりますと、現在の料金に裁判のための様々な費用、例えば給与差し押えのための勤務先の調査費用、財産差し押さえのための財産調査費用、ご自身でのお支払が困難な場合のご家族、ご親族のご連絡先、財産調査費用、弁護士費用等、その他様々な費用が加算され、多額の損害賠償請求訴訟の裁判になってしまいます。
尚、その裁判に身に覚えが無い等、理由を問わず欠席し、放置されますと、サイト運営会社様の言い分が全て認められ、執行官立ち会いのもと、給与、預貯金、不動産、その他あらゆる財産を強制執行で差し押さえる事が可能になってしまいます。
この通知が最後通告になりますので、この請求に身に覚えが無い場合であっても何ら返答がない場合、不本意ながら近日中にその強制執行のための裁判に移行になってしまいますので、その様な事になる前に、今現在はまだ訴訟の準備中の段階ですので、この件に身に覚えがない場合、何かの間違いだと思われますので、お支払いただく必要はございませんが、その場合でも、その旨ご連絡いただき、登録抹消の手続きだけは必ず行わなければなりませんので、本日中(土、日、祝日、メールでの対応はしておりません)に私宛に必ずお電話ください。
太田合同調査事務所
03-6452-6813
(12:00~19:00 非通知不可)
担当
*こちらのメールに返信いただいても対応はできませんので、必ずお電話にてご連絡がお願い致します。
土、日、祝日、営業時間外の対応はしておりません。時間帯によって繋がりにくい場合がございますので、恐れ入りますがその際は再度お掛け直しくださいますようお願い致します。
パソコンからのメールはドメイン設定により送受信ができない場合がございますので、最終通告が確実に届くよう、今回こちらのアドレスから送信させていただきました。


最近、上記の口コミが非常に増えてます。


コメント
以前に注意喚起をした連絡先番号ですが、社名の変更が有るので更新します。
今度は「太田合同調査事務所」ですか!
怪しい調査会社からのEメールにご注意下さい。
悪質請求業者となりますよ!!




 
アダルトサイトの広告が消えない、
電話をかけてほしいというメッセージボックスが消えない、
いきなり登録完了になり料金を請求されたなどなど、
いろんな詐欺被害に遭われる人たちはあとを絶ちません。

当ブログでは、上記のような被害のあった不当請求を行う業者を公開してまいります。

最近では、債権回収代行業者を名乗る業者が増えてきました。
アダルトサイト、出会い系サイト、総合情報サイトなどと名乗る複数のサイトから債権を譲り受けたと称し、多額の金銭支払いを要求してくるケースが急増しています。
曖昧な対応をとってしまったり一度でも支払いに応じると、次から次へと執拗に金銭を要求されます。
また、最近では職印や号証のハンコの画像を悪用し、裁判所や弁護士を装って請求するなど、手口が巧妙になってきています。


下記、実際にあったご相談の事例を交えて説明していきます。


【ハガキ・封筒が届いた場合】
裁判所の通知を装ってハガキや封筒で請求を行うパターンも増えています。
支払い催促や訴状の場合、実際の裁判所のものなのか判別のつきにくいものもあり、本当の裁判所からの通知なのか確認する必要があります。
ただし、届いた書面に書いてある番号に連絡は絶対にしてはいけません。


【ワン切りに折り返したらすでに名前を把握されていた】
知らない番号から着信履歴が残っていたことはありませんか?
その番号が実は架空請求の番号であったりします。
着信履歴を残し、折り返すと自動音声が流れるのです。
「動画管理センター」「債権回収業者」等を名乗り、ガイダンスにしたがって番号を押すと業者と繋がります。
基本的には「お調べするので番号・名前・生年月日を教えてください」と言われてまた折り返しを待つことになるのですが、偽名を伝えたはずなのに業者が本名を知っていた、というケースもあるようです。


【クレジットカード支払いの罠】
基本的に悪質な業者の特徴として、支払いを現金書留で行っていたり、アマゾンギフトカードを購入してそのコードを教えるという手法をとっていたり等、通常の支払い方法とは違う金銭の要求をしてきます。
ここで気付いて支払いをしないのであれば問題はないですが、中には普通に口座を持っていたり、クレジットカード決済ができるケースも非常に多くあります。
その場合はカード決済業者とグルであるケースも多く、そこでカード情報を相手に渡してしまうことになります。
怪しいサイトではカード支払いをしないようにしましょう。
また、業者は何としてでも支払いをさせようと迫ってきます。
そのため絶対に連絡してはいけません。

お金を払ってしまった、変な請求を受けてしまった、連絡してしまった、どうしていいのかわからない、そんなお悩みを持った方に朗報です!
Settle株式会社という会社では、無料で相談を行っていて、さまざまな問題を解決してきたプロフェッショナルな企業です。
中には何百万という支払う必要のないお金を振り込ませずに済んだ実績も数多くあるようです。
もしお困りの方がいたら、とりあえず相談してみるのも手段の一つかと思います。

【PR広告】

無料相談窓口はコチラ!
banner


※未成年者の方へ
未成年者の方は、民事上、契約の無効を主張することができます。
未成年が法定代理人(親権者)の同意を得ずに行った契約は、原則として取消が可能であり、インターネット取引の場合も同様です。
そのため、悪質な業者には未成年であることを伝え、一方的に電話を切って頂いて構いません。
親に代われ等と言われますが、代わる必要もないです。

↑このページのトップヘ